副収入おこづかいのアレ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
検索エンジン登録なら無料登録ドットコム!
続FC2ブログでアドセンス
以前にFC2ブログで本文中にアドセンス広告を表示する方法を紹介いたしました。

参考:FC2ブログでアドセンス

この方法を使えば簡単に、日記や本文中の好きな場所にアドセンス広告を表示させることができます。ただし一つ問題があります。この方法を使ってアドセンス広告をFC2ブログに出している方はわかると思うのですが、ブログのTOPページでアドセンス広告がずらっと表示されてしまうことです。

例えば当サイト 副収入おこづかいのアレブログのTOPページは最新の3ページが表示される様に設定してあります。というか3しか表示されないように設定しなおしたのですが。何故かというとアドセンスの規約は、広告ユニットは1ページに3個しか表示してはいけないからです。

もし最新の5ページ、6ページを表示に設定している人はアドセンスの規約違反になる可能性があります。その対策方法としてはアドセンス広告を数日に一度しか出さないか、
FC2ブログの管理者ページ >>環境設定メニュー >>環境設定の変更をクリックして
環境設定の変更ページ >>環境設定の変更メニュー >>ブログの設定をクリックして
最初に表示するエントリーの数を3個以内にする必要がありました。

これを解決したのが個別記事のときのみに、アドセンス広告を表示する方法。

参考:アフィリエイト傾向と対策

FC2ブログの管理者ページ >>環境設定メニュー >>テンプレートの設定に進み、現在使用中のテンプレートの編集メニューよりを修正します。

テンプレートの修正ページのHTMLの編集中にある
<!--topentry-->

</!--topentry-->
をさがし、タグ内の任意の場所にアドセンスのソースコードを貼り付ます。<!--topentry-->タグ内には他のコードもありますので色々試してみるといいと思います。

そのさいに<!--permanent_area-->アドセンスのソースコード</!--permanent_area-->というようにアドセンスのソースコードを<!--permanent_area-->タグで囲めば完成!

これで、個別に記事が表示されているときはアドセンス広告が表示され、TOPページなどでいくつかのページが表示されているときはアドセンス広告は表示されません。

メインサイト副収入おこづいかいのアレはこちら どうぞのぞいてみてください
スポンサーサイト

【2005/06/08 09:07】 サイト運営日記 | TRACKBACK(5) | COMMENT(1) |
検索エンジン登録なら無料登録ドットコム!
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/04/10 10:26】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://callithrix.blog10.fc2.com/tb.php/15-0265cd64

Google AdSenseについて - 基本的な事から、広告のカスタマイズなど

Google AdSenseについて、基本的な事や、初心者が最初につまずいてしまいそうな事などを解説していきます! はじめよう!快適ネット生活-初心者向け、ホームページ、ブログ作成、アフィリエイト、アクセスアップ、な【2005/06/09 21:44】

ブログの記事内にアドセンスを

Googleアドセンスをブログの記事内にに表示させる方法です。 [ネット収入] ヤドカリweblog【2005/06/11 03:42】

FC2ブログの各記事にAdSenseを付ける方法

FC2 BLOGは大変優秀なブログシステムですが、Googleアドセンスのタグを制御する機能まではさすがに無いので、それは自分でテンプレートに埋め込む必要がある。各記事の下部または上部に468x60あたりのアドセンスタグを jBlog【2006/12/30 20:27】

fc2ブログ アドセンス|マイクロアドで稼ぐ

ネット上で1番簡単に 月10万円以上の安定収入を稼ぐ方法!(メールサポート付き)にか 情報商材アフィリエイトの波に乗って稼ぐ方法【2007/01/30 12:39】

-

管理人の承認後に表示されます 【2010/01/13 14:50】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。